【サンデーうぇぶりのアプリ】無料で読める範囲、ポイントの貯め方や使い方を解説!

小学館がリリースしている無料アプリに「サンデーうぇぶり」というアプリがあります。このアプリはサンデー好きの方もそうですが、漫画好きに特化したアプリとなっています。

 

内容として現在サンデーに連載している、または過去に連載していた漫画作品やアプリ独自の漫画などを思う存分に堪能できるアプリとなります。また新人作家さんの作品も多く掲載されているのも特徴的。

 

<アプリDL>
サンデーうぇぶりのアプリをダウンロード

 

週刊少年サンデー等の定期購読も可能で、アプリでサンデーの漫画が読めちゃうサービスまで提供していますが、気になるのはアプリの使い方や無料で使える範囲、そしてポイントの貯め方などでしょう。

 

このサイトではサンデーうぇぶりのアプリについて細かく調べてみましたので、ダウンロードを考えている方は一度お読みください。

 

サンデーうぇぶりは無料で漫画をどこまで読める?

無料でたくさんの範囲を読んでおきたい所ですが、サンデーうぇぶりのアプリでは比較的多くの範囲を無料で読むことができます。また使い方によっては「完全無料」で使うことだってもちろん可能。

 

基本的に漫画の第1話~3話までは完全無料で読むことができる仕様となっています。実際に好きな漫画を読んでみましょう。基本的には第1話~3話まで「FREE」のアイコンがあります。

 

FREEというのは「何も消費しないでいつでも無料で漫画を読める作品」となっていますので、作品をタップすればそのまま読むことが可能です。では4話以降の「話」はどうすれば無料で読むことができるのか?

 

チケットを使って無料で読む

第4話以降の作品は基本的に「TICKET」というアイコンが表示されています。この「TICKET」というアイコンがある作品についてはチケットというアイテムを使って読むことになります。

 

 

チケットというのは、基本的に1つの漫画につき1枚使える状態になっており、例えば「A」という漫画で「4話」にチケットを使うと、そのまま読むことができます。

 

読みたい漫画をタップすると「チケットを使って無料で読む」というメッセージが画面下に表示されますので、タップすれば漫画を読むことができます。

 

しかし続きの「5話」が読みたい!と思っても、チケットはすでに使ってしまっているので読むことが出来ません。このチケットを使えない状態になったら、後述しますがコインもしくはポイントを使って読むことになります。

 

また、チケットを使った作品は、サムネイルのところに時間が表示されるようになります。これは「あとこの時間の範囲内だったら繰り返し読めます」という意味になります。

 

制限時間は72時間となっており、72時間を過ぎると読めなくなってしまいます。基本的に話をレンタルするようなイメージです。チケットを使ったら、なるべく早く読むことをお勧めします。

 

<アプリDL>
サンデーうぇぶりのアプリをダウンロード

 

チケット1作品につき1枚使える
チケットは使ってから23時間経過すると再び利用できるようになります。そして違う漫画作品を読む場合、23時間経過していない状態でもチケットを使って読むことができます。

1作品につき1枚使える状態ですので、Aという漫画でチケットを使ってしまっても、Bという漫画ではチケットを使えます。もちろんCという漫画でもチケットを使って読むことができます。

Aという漫画でチケットを使う、再びAという漫画でチケットを使って読みたい時は、23時間後に再び使えるようになるまで待つという感じです。

ちなみにチケットは貯めたりすることは現在不可能となっています。一度漫画を読んでから23時間以上経過すると増えていくような気もしますが、漫画を読み終えてから23時間後に再びチケットを使えるというシステムですので増やすことは出来ないのです。

 

ポイントやコインで読む

漫画を読んでいるとどうしても続きが気になる方は多いでしょう。チケットの回復は23時間もかかってしまうので、23時間も待ってられない!と思いますよね。

 

そこで次の手として使うのが「ポイント」となります。チケットを使って次の話を読みたい場合、23時間経過していない状態で作品をタップをすると「チケットが回復していません」と表示されます。

 

ポイントは最初のダウンロード時に期間限定かもしれないですが、私がダウンロードした時は「新規登録ボーナス1000ポイント」が自動で付与されていました。このポイントを使うと続きを読むことが出来ます。

 

 

漫画によって変わるかもしれませんが、1話約30ポイントの消費で読むことができ、もしくはコインというアプリ内の通貨を使っても続きを読むことが可能です。(コインは購入でしかゲットできない)

 

このようにして無料で読み進めていくのですが、無料で漫画をどこまで読めるのかというと使い方によりますが、無料で読める範囲は非常に多いので、時間はかかりますが、ほとんどの漫画を無料で読めると言っても過言ではないでしょう。

 

初回ダウンロードより一気に読める範囲としては、3話+チケット分の1話+初回付与のボーナスポイント1000ポイント(約33話)なので約37話分を一気に読み進められる計算となります。

 

<アプリDL>
サンデーうぇぶりのアプリをダウンロード

またポイントを使いまくって漫画を読みまくるのもいいですが、ずっと使っているとポイントはどんどん消費されなくなってきますよね。そこでポイントを貯める方法などもあります。

 

サンデーうぇぶりでポイントの貯め方は?

動画を視聴してポイント獲得

アプリのホーム画面を開くと右下に「ボーナス」というアイコンが表示されています。これをタップすると動画を視聴できますので、興味があれば一度タップしてみるといいでしょう。

 

 

タップ後、動画を見るというメッセージが表示されていますので、タップすれば約20~40秒ほどの動画がスタートします。動画を見終わると右上の「×」をタップすれば元の画面に戻ります。元の画面に戻ると「ポイントを獲得しました」というメッセージが表示されます。

 

1回視聴すると30ポイント獲得ですが、ぼーっと見ているだけでOKなので積極的に視聴しておきたいところです。また、1日に何度も視聴できるのではなく、制限があります。

 

ポイントが無い状態ですと視聴できる回数は少し増えるようですが、それでも数回程度と視聴回数は限られていますので、何度も視聴できる訳ではありません。

 

外部サービスの利用

良くあるサービスかもしれませんが、外部の様々なサービスに登録したり利用したりすることで、ポイントを獲得することが出来ます。効率よくポイントを稼ぐ為にはおすすめです。

 

アプリのホーム画面を表示すると、上部右部分に人のようなアイコンがあります。これをタップすれば「マイページ」へ移動し、マイページより「ポイント」の下に書かれている「無料でGET」という部分をタップすれば以下のようなページに移動します。

 

 

気になるサービスをタップすれば、ポイント獲得の注意点がしっかりと書かれていますので、必ず読むようにしましょう。成果地点を間違ってポイントを獲得することが出来ない…ということにならないように注意が必要です。

 

簡単に利用できるサービスなどはポイントが少なく、利用するハードルが高そうなサービスはポイントも高めとなっていますが、誰でも知っているような大手のサービスが多いので、安心感はあります。

 

また、中には実際に会員登録(有料会員)にならないとポイント獲得できないサービスなども含まれていますので、この点についてもしっかりと見ておく必要があります。

 

キャンペーンなどでポイント獲得

開催などは不定期ですが、特定の漫画を読むだけでポイントを獲得できるキャンペーンなどが行われてたりもします。獲得ポイントは少ないかもしれませんが、読むだけでポイントが獲得できるので楽な獲得方法でしょう。

 

また上記以外でも、ポイント付与されるタイミングとして、コインの購入もしくは雑誌の定期購読をすることで、ボーナスポイントとしてポイントをゲットすることが可能です。

 

但し、この場合は課金となってしまいます。主なポイントの貯め方としては以上となります。

 

サンデーうぇぶりを無料で使い続けるコツ

無料でずっと漫画を読みたい場合は、4話にチケットを使って読む→23時間経過しチケットが再び利用可能→5話を読む、という流れもいいですが、ポイントを使って話を読むという流れでもいいでしょう。

 

ポイントを使って一気に読み進めて、ポイントがなくなったら先ほど紹介したように、動画の視聴や外部サービスを利用してポイントを貯める、このループが基本です。

 

ずっと無料で使い続けている人も多く、難しいことではないので無料で使い続けることも可能ですが、一気にたくさんの範囲を読み進めることは難しいでしょう。

 

複数アカウントを作る

スマホを複数所持している方なら複数のアカウントを作って読む、という方法も効率よく読むことが出来るでしょう。初回に付与されるポイントもありますし、単純に2台だとチケットも2回使える計算となりますので。

 

但しわざわざスマホを新たに契約して…とそこまですると本末転倒となるでしょう。また複数アカウントで利用すると、漫画の管理に手間がかかってしまうのもデメリットかもしれません。

 

サンデーうぇぶりの使い方について

アプリで気になる点は複数あると思いますが、使い方もその一つでしょう。アプリをダウンロードしたら、まずは漫画を読んでみましょう。使い方は凄く簡単ですので解説してみます。

 

まずは好きな漫画を検索する為に、アプリ左上部にある虫眼鏡のアイコンから探してみましょう。虫眼鏡のアイコンをタップすれば、画面が切り替わり、色々な角度より書籍を調べることが可能です。

 

雑誌名から探すのもいいですが、直接入力するのもOK。ジャンルからも探せたりと、一般的な漫画アプリの機能はしっかり備わっています。その他アプリ下部の「連載」や「単行本/雑誌」というアイコンをタップして探す方法などもあります。

 

漫画を探して興味がある作品を見つけたら、あとはタップして読むだけ。特にビューアなどの専用アプリを導入しなくても、そのままブラウザで読むことができます。

 

コメントを読むことも可能

漫画を開いている状態で中央付近をタップすると、左下に小さな吹き出しのマークと共に「111」などの数字があります。これはコメント数となっており、漫画に対してのコメントがこれだけある、という意味となっています。

 

 

吹き出し部分をタップすれば、この漫画を読んだ方の感想や考察などが書かれていますが、意外と「ネタバレ」が書かれていることが多く、一部のユーザーさんから不評となっています。

 

なので「ネタバレ」を知りたくないのであれば、一度全て読んでから見てみるといいでしょう。

 

一度読んだ漫画は本棚に入る

サンデーうぇぶりのアプリでも本棚機能があります。アプリ下部の右端に「本棚」というアイコンがあるので、タップすれば本棚に画面が切り替わります。

 

本棚では現在読んでいる漫画の管理、気になっている漫画や過去に読んでいた漫画の管理などを行うことができます。一度読んだ漫画については本棚の「閲覧履歴」に表示される仕組みとなっています。

 

ですので凄く管理がしやすくなっており、使い勝手など良い感じです。またチケットがどれだけ回復したかを、メーターのような画像で表示しているので一目瞭然で判別できます。

 

本棚よりあとどれだけ時間が経てば再び読むことができるのか、あらゆる漫画をまとめてチェックできるのでスムーズに漫画を読みたい場合は本棚よりチェックしておくといいでしょう。

 

書籍の購入も可能

基本的にサンデーうぇぶりでは「話」を無料で読むという使い方がメインとなりそうですが、一般的な電子書籍サイトと同く「巻単位」として購入することも可能です。

 

例えば凄くお気に入りの漫画を見つけた場合、話で読むのは一気に読めないのでストレスなども溜まってしまうでしょう。そこで巻を購入するという使い方もできるのです。

 

当然、巻で購入した漫画については購入後、何度でも繰り返し読むことができます。但し巻の購入については「コイン」を使って購入する形となり、基本的にお金がかかってしまいますので注意も必要です。

 

<コインの価格>

 

サンデーうぇぶりのアプリ評価は高い

App storeなどでアプリの評価をチェックすることができますが、サンデーうぇぶりはアプリの評価が他の漫画アプリと比べても高いのが特徴です。2020年12月現在では以下のような評価となっていました。

 

<PLAYストア>

 

<Appストア>

 

ユーザーレビューを見ていてもネガティブな意見などが多く書かれている場合が多いですが、ネガティブな意見も少なく、良い感想が多く目立っていました。

 

<アプリDL>
サンデーうぇぶりのアプリをダウンロード

サンデーうぇぶりはPC版で使える?

サンデーうぇぶりはアプリ版ではなくPC版サイトも存在します。PC版は作品の更新情報や連載中の作品の情報配信をメインとしており、漫画を読む環境としては残念ながら整っていません。

 

以前はアプリ版のような機能が備わっていたのですが、リニューアルを機に主な機能はアプリ版へと集約されました。一応、現在でも数十ページ程度の試し読みをすることは出来ますが、チケットなどを使って読むことはできません。

 

<公式サイト>
サンデーうぇぶりPCサイト

お気に入り作品を少し嗜む程度ならPC版サイトも使えますが、基本的にアプリ版の機能を全て引き継いでませんので、漫画を読むのならアプリ版がおすすめとなります。

 

まとめ

サンデーうぇぶりのアプリについて解説しました。操作方法につきましては複雑さなど全くなく、初回起動時でもスムーズに利用できるように優しく設計されています。

 

無料でずっと利用することも可能ですし、電子書籍サイトのように普通に書籍の購入まで可能なアプリですので、無料でしか使わないという方、少しぐらいお金を払ってもいいという方までおすすめ出来るアプリです。